日本最大級の全国のプリスクール・英語保育園の比較サイト【プリスクールナビ】                            Click here for English Version!

プリスクールナビ.jp> プリスクールナビ広告掲載について> キッズインターナショナル

キッズインターナショナル

-キッズインターナショナルについて

東京を始めとした7つの場所(2011年8月現 在)に拠点を持つスクール。様々な苦労を経 て、定期的なフィードバックや衛生管理の徹 底を行い、着実に教育環境を高めている。そ の為、教育の質や安全性、楽しめる環境どれ を取っても、どの教室に行っても満足出来る 内容が期待出来る。高い期待にも応えること の出来る信頼あるスクール。出来る、頼もしいスクール。

住所:東京都品川区西五反田8-9-5ポーラ第3五反田ビル4階 URL:http://www.kids-int.co.jp/index.html

もくじ

  • 苦労を経て得た教育の質、安全、楽しめる環境!!
  • 強みを生かし、一歩一歩着実に
  • 厳しい紙広告の現状を受けインターネット広告へ
  • インターネット広告の中でプリスクールナビは高い成果を上げています!!


■苦労を経て得た教育の質、安全、楽しめる環境!!


―スクールを設立された経緯を教えて下さい。
もともと姉が事務所を起こしました。今年の4月(2011年)を節目として私が代表となり、姉が会長になりました。元々の出発は、村上音楽事務所というブライダルの会社だったんです。
―スクールを運営される中で苦労されたたことはありますか。
先生の確保やスクール運営の安定化など、大きな苦労を経験し ました。認証保育の申請を行うなどして、とにかく安心、衛生 という部分と教育の質という基本的な土台作りを徹底しました。 私達は保育所を5センター持っています。その関係で東京、千 葉、横浜と3つの自治体といろんな形で情報共有が出来ます。 そこで得た安全に関しての注意やルールをキッズインターナシ ョナルに転用しています。例えば、夏場の注意事項や感染性の 病気などの注意が喚起されたりします。そういうパイプやノウ ハウが蓄積されるんです。そのようにして、大切な根本となる 軸を安定させる事に常に取り組んでいます。
―普段から大切にしている考えはありますか。
やはり英語は楽しく身に付けるべきです。英語を勉?と考えると面白く無いです。私達が日本語を覚えるのと一緒で、自然と話せるように身につける事が必要です。ですので、とにかく英語だけの環境に置いてもらうようにしています。そして、子供達が英語で楽しめる、明日も来たいと思ってもらえるようなカリキュラムや環境を作るにはどうしたらいいかという事を常に考えています。それからもう一つ大切なことは、外国人に対するコンプレックを無くすということです。私達の場合、外国人に話しかけられると少し怖気づくこともありますが、子供は関係ないです。我々は高い理念を掲げていますが考えていることはシンプルで、英語でのコミュニケーションを積極的に行ってもらったり、外国人や外国に対する興味を持ってもらえるようなきっかけを作るとう部分に重点をおいています。例えばイベント事や、いつも英語での言葉を投げかけるようにしています。

■強みを生かし、一歩一歩着実に


―他のスクールさんにも負けないと思うものは何ですか。
私達は基本的なコンセプトを基にして、各センターのどこでも同じコンセプトやカリキュラムで遂行出来るような組織づくりに取り組んでいます。各センターの課題を集約して問題解決をしますので、定期的に行われる集会では各センターの反省会やカリキュラムの改善などについて丸一日かけて話し合います。カリキュラムはミーティングなどでのフィードバックは当然として、イベント事には力を入れています。我々が情報を提供していくものと、各センターで独自で考えだされたものなどを、まとめてデータ化して次に生かしています。先生の質を上げるためにしている事は、長く勤めてもらう事です。これが非常に重要なのです。様々な肩書きの方々に応募を頂きますが、学者は必要ではないのです。それよりも、子供達との接し方を知っていたりですとか、一緒に楽しんでくれる先生の方が必要ですし、そんな先生方に働いて頂いています。
―今後の展望を教えて下さい。
10も20もスクールを増やすのではなくて、一歩一歩 着実に進んでいきたいです。価格競争ではなくて、来 て頂いたお客様に満足して頂きたいですので。もう一 つはブランドを浸透させて行きたいです。キッズイン ターナショナル=質が良いと思って頂いて、多くのお 客様に知って頂きたいと思っています。

■厳しい紙広告の現状を受けインターネット広告へ


―プリスクールナビをご使用されたきっかけを教えて下さい。
弊社をより多くの方々に知って頂くにはどのように宣伝をしたら良いかと模索していた所インターネットでプリスクールナビを拝見しまして、HPの印象の良さから御社にご依頼しました。
―チラシや折り込みなど、紙媒体での広告はされていたのですか。
駅看板やバスの広告やポスティングなどを試してみましたが、反響は無いに等しかったですね。今の時代ではインターネットの広告が一番効果があると実感しているので、力を入れていきたいです。

■インターネット広告でプリスクールナビが高い成果を上げています!!


―インターネット広告の中でプリスクールナビの効果はどうですか
インターネット広告のなかで、プリスクールナビの効果は高いですね。アクセス数を図ってみても、効果が高いと感じているので、引き続きご利用させて頂きたいと思っています。
―プリスクールナビのどんなところを気に入って頂けましたか。
コンテンツを更新して、新着欄に情報が表示される部分ですね。そうする事によって、注目度が上がって来ますから。また、アクセス解析をしていますが、知名度が高い所も良いですね。

■結果は散々!?WEB広告と紙広告の比較


―WEBだけでなく、フリーペーパーなどの紙広告はされていますか
毎年、サマースクールの前に某有名広告に2つ載せています。 あとは、教育機関と認められうるような媒体に掲載をしています。
―結果はどうですか
うちは紙広告ではほとんど成果がでていないと思います。結局、紙広告は不特定多数の人にアプローチをするものですから。「紙媒体を見て電話しました」という事が全くないんです。もちろん、その紙広告をみてインターネットにアクセスしたケースも考えられますが、広告後に電話の数が増えたという事もありませんし。やはりインターネットからの問合せが非常に多いです。プリスクールナビは、ユーザーが、調べてたどりついているから、幼児英語教育に興味のあるお客さんにリーチ出来ます。お電話を頂いて、実は本校のHPを見ていたのではなくて、プリスクールナビを見ていました。というお客さんは何人もいます。紙媒体と比較すると、プリスクールナビのほうがずっと効果がありますね。
―プリスクールナビへの今後の期待を教えて下さい。
効果が出てはいるものの、まだまだ資料請求が欲しいです。「キッズインターナショナルをどこで知りましたか?」アンケートを取っていますが、もっと、WEBからの認知度を高めていければと思っています。

村上様、本日はインタビューに御協力頂き有難う御座いました!!  




※ 取材日時 2011年10月
※ 取材制作:アッション


お問い合わせはコチラ

▲ページの先頭へ