日本最大級の全国のプリスクール・英語保育園の比較サイト【プリスクールナビ】                            Click here for English Version!

プリスクールナビ.jp> プリスクールナビ広告掲載について> エムブリー パフォーミングオブアーツ

エムブリー パフォーミングオブアーツ

-エムブリー パフォーミングオブアーツについて

東急目黒線の武蔵小山駅から徒歩5分に位置するスク ール。入ると楽しげなミュージックが教室内に響く。 園内を見回すと絵本やおもちゃ、楽器に囲まれていて 子供達の好奇心が尽きないような設備が整っている。 様々な国籍の子供達が集まり、小さな頃から国際感覚 を身につけるのに最適なスクール。

住所:東京都品川区小山3-21-18URL:http://www.eispa.jp

もくじ

  • 中国武道からプリスクールへ!?音楽での英語教育へのこだわり
  • 音楽に囲まれた環境と英語教育の関係性とは
  • プリスクールナビを知って
  • 増えるインターネットからの入学!プリスクールナビの効果は?


■中国武道からプリスクールへ!?音楽での英語教育へのこだわり


―どのようなきっかけで日本でプリスクールを経営されるのに至ったのですか。
元々、中国武道のスクール作ろうと思った事がきっかけです。最初は大人向けのスクールを考えて、インターナショナルスクールなどにお伺いしてセミナーを開こうと思っていました。ある時、自分の子供が体育のレッスンを受けているのを見て、自分も同じ事をやってみようと思い立ち、今に至ります。
―プリスクールを経営する上で大切にしている事は何ですか。
音楽やリズムで身体を動かす事を大切にしています。具体的には、演奏したい楽器を選んでもらい、どうやって演奏する かを考えてもらいます。それにより「クリエイティビティ」を育む事が出来を育みます。そして子供達が「自信」をつけて、進級しても積極的になる事に恥ずかしくならないような「表現力」を身に付けてもらう事を目標にしています。
―実際に音楽やリズム運動で積極的になった生徒さんはいるのですか。
それはよくある事です。子供達にはいろんな楽器を揃え、好きなものに取り組んでもらっています。ダンスがしたい子にはダンスをさせ、打楽器をしたい子には打楽器をさせています。子供に合わせて、あるものが出来るようになったら次へと無理なくチャレンジ出来る環境を整えているからこそ、積極的に取り組めるのだと思います。

■音楽に囲まれた環境と英語教育の関係性とは


―もっと具体的な取り組みを教えてください。
毎日、ダンスや楽器、ロックやジャズ、劇などの音楽に毎日触れてもらいます。例えば朝始まる時には、1人1曲を覚えてもらうようにしています。クリスマスにはクリスマスソングを楽器を使って演奏してもらうような事もします。演劇も、グループで親御さんの前で発表する機会を設けています。あとはピアノを引きながら勉強したり、コンガもしたりと幅広く取り組んでもらっています。
―音楽で英語を学ぶ事が効果的とよく聞きますがそれについてはどのようにお考えですか
本当にそう思います。英語で音楽を学ぶと英語のフレーズもすんなり覚えて自然と会話の中で使えるようになります。子供達は、月4曲のペースで50曲程度は自然と歌を覚えてしまいますね。もちろん歌詞の意味もわかっています。

プリスクールナビについてお伺いします。

■プリスクールナビを知って


―プリスクールナビを知ったきっかけを教えて下さい。
お電話をもらった事がきっかけですね。商店街にスクールがあった時に社長さんとお会いしたのを覚えています。
―その時の印象はいかがでしたか
最初は興味無かったです。笑 その後に何回かお会いして 「やってみようか」と思い有料で掲載を始めました。
―他に何か広告はされていましたか
地域情報雑誌に掲載をしていましたね。他には、新聞や 公園へ行き自分でビラ配りなどをしていました。

■増えるインターネットからの入学!プリスクールナビの効果は?


―インターネットでの需要は増えていますか
前から増えていますね。インターネットから10人くらい入学した時期もありましたね。今年は地震の影響で少し減ってしまいましたけど。。。
―インターネットの広告はプリスクールナビのみですか
そうですね。他のインターネット広告は無料で、プリスクールナビさんのみ有料でやらせて頂いています。
―成果はどうですか
もっと体験入学が増えるといいですね。資料請求の数はかなり多いんですけどね。
―他の広告媒体と比べて、プリスクールナビの効果は高いですか
そうですね。他の広告出稿は無料でやらせて頂いているので。笑

エムブリー様、本日は御協力頂きありがとうございました!!




※ 取材日時 2011年1月
※ 取材制作:アッション


お問い合わせはコチラ

▲ページの先頭へ