日本最大級の全国のプリスクール・英語保育園の比較サイト【プリスクールナビ】                            Click here for English Version!

プリスクールナビ.jp> プリスクールランキング> 山口県プリスクールランキング

スクールランキング

アクセスランキング山口県 ランキング

【場所】山口県 山口

テラ・ナーサリー・スクール



教育の極意とは
時として早期教育は大人のエゴとして世間の批判を浴びてきました。 しかし本当にそうなのでしょうか。多くの幼保育園では、情操教育と称してほとんど遊ばせっ放しのままです。7歳になると手のひらを返したように勉強に追い立て、読み、書き、計算の基礎学力の定着もそこそこに、子供たちはテストに追いまくられる日々が始まります。興味もなくただテストの点を取るためだけの勉強をしている子供が沢山います。学生たちの毎日は充実しているのでしょうか。 __教育の極意は興味と達成感です。興味を持たせ達成感を味あわせると子供は自ら伸びていきます。情操教育一点張りの幼児教育を見直し、幼児の可能性を模索することが教育改革を成功させるキーポイントになると確信しています。小学1~2年の内容なら6歳になれば十分に学習することができます。そしてそのプログラムが私どもにはあります。 __今までの教育改革と言えば常に中高生ばかりで、幼児に目を向けられたことはありません。何年か前に修学を1年早めようという話はあったように思いますが、立ち消えたのでしょうか。入学を一年早めるか或いは幼保育園で小1の内容までさせるのか、いづれにしてもそう難しいことではありません。 その1年2年の前倒しが中学や高校での時間的精神的な余裕をもたらします。すでに諸外国では、セルビアや中国では幼稚園で勉強が始まり、イギリスやロシアでは4歳から小学校に入学するところもあるようです。 教育改革は幼児教育改革からはじめるべきです。6歳までの幼児期をもっと豊かに育てましょう。幼児期はいわば植物で言えば根の部分です。大地に大きく張った根は地上に大きな幹をのばし、やがて大きな美しい花を咲かせることでしょう。

【場所】山口県 山口

レッドロビンインターナショナル



子どもは教わるのではなく、体験や行動の中で自ら学んでいきます。
Red Robinでは、成長・発達段階に応じた適切なアプローチを行っています。 まず私たち講師は、子ども達の興味を刺激して(体験をさせて)あげます。 すると、子ども達は「やってみたい」「もっと知りたい」という自ら学ぼうとする姿勢が 出てきます。それをしっかりとサポートしてあげるのです。 この「やってみたい」「もっと知りたい」という感情が幼児期には最も大切で、 これからの新しい時代に必要な力「創造力」「自ら問題を解決する力」「タフネス」「感情をコントロールする力」になっていくのです。 これは英語に関しても同じことです。

【場所】山口県 下関

下関インターナショナルプレスクール



若者をその道にふさわしく教育せよ。 そうすれば、年老いてもそれから離れない。
​Communication Goal 意思疎通の目標 子どもは成長するにつれて、表情とおなじように言葉にも意味があることに気付いていきます。自分の思いや感情や考えを伝えるように、記号と同じように、言葉が役立つことが分かってきます。幼少期から日常的に英語に触れることによって、子どもたちは、英語をコニュニケーションの手段として認識するようになります。 Intellectual Goal 知的認識の目標 ​ ある研究では、幼児の3年間で、子どもは数学的思想や、問題を解決する能力の基礎を学ぶと言われています。さらに、幼児期からの2ヶ国語教育は、それらの知的認識力の習得スピードを格段に上げると言われています。プレスクールのカリキュラムでは、簡単な英単語や表現を学び、植物学的、動物学的、地学的な科学の基礎を紹介します。 Physical Goal 身体的な目標 ​ 子どもの成長に関して、栄養面、衛生面、運動面でのサポートは欠かせないものです。プレスクールでは、園内外に活動場所を設け、幼少期の大小の筋肉の発育機会を可能な限り、サポートします。プレイタイムでは園内外の遊具を使い使い、言語能力の発達と合わせて、自由に遊ぶことができる時間を大切にしています。 Spiritual Goal 精神的な目標 ​ ニュービギニング・プレスクールでは聖書が真理を教えており、日々の生活に適応できるものであると信じています。それゆに、私たちはこの聖書の土台に立って、互いに愛し合い、尊敬することを学びます。 「若者をその道にふさわしく教育せよ。そうすれそうすれば、年老いても、それから離れない。」                                   箴言22章6節


▲ページの先頭へ